永久脱毛コラム

永久脱毛の副作用とは?

永久脱毛では、施術後に赤みがでたり、毛膿炎(ニキビ)がでたり、火傷が起きたりする場合が報告されています。
この施術をうけると、レーザーは、黒い色に反応するので、毛根の周りの肌が、軽い炎症を起こす時があり、
色白や肌の弱い人は、赤みが出る場合がありますが、一時的なもので、ひどい場合は炎症止めの外用薬を処方してくれます。
毛膿炎(ニキビ)のできやすい肌の人は、ニキビがでやすいのですが、これも一時的で、ひどい場合は、塗り薬と飲み薬で対処します。
レーザーが、肌に刺激を与えすぎると、火傷になる場合がありますが、レーザーの強さの設定を抑えたり、保護ジェルを塗ったり、日焼け止めクリームを塗ることで、避けることができます。もし、火傷をしてもすぐに治療がなされます。
後、クリニックで考えられる副作用は、汗が出やすくなることですが、しくみ上汗が増える事はなく、汗に意識が向いて、汗が止まらないと感じるのです。

永久脱毛で考えられるトラブルは?

需要の高い永久脱毛の施術でありがちなトラブルについて知っておきたいことがある場合には、短期間のうちに熟練のスタッフが在籍しているクリニックを探すことが重要です。
特に、打ち漏れや火傷などのトラブルを解決するためには、高度なテクニックが要求されることがありますが、まずはアフターサービスがしっかりとしているクリニックを探すことが大事です。
その他、テスト照射や再照射などの保証制度がきちんとしているクリニックにおいて、毛量の少なくなっている部分のアフターケアの大切さや副作用の危険性を把握することがコツです。

永久脱毛の副作用で汗の量が増える!?

永久脱毛は医師の判断で行うので安心感がありますが、口コミなどで誤った情報を見て勘違いしている人もいるので、不安に思う点はカウンセリングで尋ねるといいです。特に副作用での汗の量のことに関しては勘違いが多いです。ワキ汗やワキガに関して、悩みを持つということは考えにくいのです。脱毛で毛がなくなると、汗はすぐに流れます。そのため大量の汗をかいたような感じがするのです。不衛生な状態になると臭いも出てきます。

永久脱毛後のアフターケアは?

永久脱毛は高い効果が期待できる脱毛方法ですが、副作用が生じる場合があります。しかし適切なアフターケアを心がける事で抑える事ができます。最近のレーザー脱毛機器は高性能です。肌のトラブルを起こす事は少ないですが、脱毛後にヒリヒリ感等を感じる場合は保冷剤を使用して気になる部位を冷やす事が必要です。更に脱毛した当日に体温を上げる効果があるお風呂やサウナを利用すると痒みや炎症を起す事があります。風呂やサウナは翌日以降にしておいた方が無難です。そして施術時のレーザーにより火傷を生じる事があります。水ぶくれや赤みを帯びてしまった場合は軟膏を塗ってくれるので、数日で治まります。そして脱毛期間中は日焼けを避ける事も必要です。脱毛後の肌は敏感になっているので、紫外線を浴びてしまうとシミ等の原因になる事があります。紫外線は梅雨時から次第に強くなるので、注意が必要です。

三重の永久脱毛口コミ